キャリーバッグを売るときに考えておきたい3つのポイント

キャリーバッグを売ってしまいたいと思ったときにはどうしたら良いかがわかるでしょうか。

売るときには予め考えておいた方が良いポイントがあるので代表的なものを3つ紹介します。

後悔しないためにそれぞれのポイントの要点を押さえておきましょう。

売るための選択肢

キャリーバッグを売るときにまず考える必要があるのがどこで売るかです。

売れる場所の選択肢としてどのようなところがあるのかを確認しておきましょう。

バッグを扱っている買取ショップ

キャリーバッグを売りたいと考えたときによく候補に挙がるのが買取ショップです。

バッグ類を取り扱っている買取ショップであればキャリーバッグも買い取ってもらえるのが一般的です総合買取ショップだけでなく、ファッション買取店や中古トラベル用品店などの専門ショップも利用することができます。

キャリーバッグを買取ショップで売るときには査定を受けることが必要です。

業者にキャリーバッグを見てもらっていくらで買い取れるかを示してもらい、納得できる金額なら売るという流れになります。

査定を受けるだけなら無料ですが、宅配便などで送って査定をしてもらう場合には送料は負担することになります。

インターネットを使う個人間取引

キャリーバッグの売り方として時々使用されているのがインターネットを通じて行う個人間取引です。

買取ショップを使うのと違って中間マージンを取られることがないのが魅力として知られています。

出品できるサービスとしてインターネットオークションやフリマアプリが一般的です。

どちらの場合にもキャリーバッグの状態に関する情報を文章と写真でアップロードして出品することになります。

そして、買い手が見つかったら直接メッセージをやり取りし、発送手続きや到着確認などをすることになります。

お金のやり取りについては仲介するサービスを使えるので直接の取引になることはありません。

ただ、システムの利用料金を負担することになるので注意が必要です。

フリーマーケットやバザー

キャリーバッグは地域で行われているフリーマーケットやバザーで売ることも可能です。

古くて売れるかわからないようなものでも、安い値段を付けておけば売れることがあります。

地域団体が実施しているフリーマーケットやバザーなら出店に費用がかからないことも多くなっています。

他のものも色々持ち込んで売ることができるのが便利な点です。

ただ、売れなかった場合には持ち帰らなければならないので気を付けましょう。

高く売るコツ

キャリーバッグを売るときには高く売りたいと考えるのが普通です。

キャリーバッグを高く売るコツを紹介するので要点をきちんと理解しておきましょう。

売り方で金額にかなり違いが出る

キャリーバッグの売却価格は売り方によってかなり違いが出ます。

前述のようにインターネットを用いる個人間取引は中間マージンが発生しないので、うまく買い手を見つけられれば高く売れる可能性があります。

高く売るにはまずは買取ショップよりも個人間取引を優先するのがおすすめです。

インターネットを使うなら写真が肝心

インターネットを使って個人に売る場合には写真を重視しましょう。

できるだけきれいに見えるように美しい写真を撮ると高く買ってくれる可能性が高まります。

買い手の立場から考えて知りたい情報を写真で提供するのも肝心です。

外観だけでなく内部についても隅々までよくわかるように撮影してアップロードしましょう。

高く売れるようになるだけでなく、取引後のクレームも少なくて済むので重要なポイントです。

早く売るコツ

キャリーバッグの処分を急ぐ場合には早く売れる方法を選ぶのが重要になります。

早く売るためのコツを紹介するので上手に活用して下さい。

売り方次第では売れないことすらある

まず注意しなければならないのが、早く売りたいと思っていても本当に売れなくてこまってしまうこともあるということです。

特に個人間取引をしようとすると買い手を見つけるのが難しくなる場合があります。

新品のキャリーバッグだったり、価格がかなり安かったりすれば買ってくれる人も出てきやすいでしょう。

しかし、価格が高めの場合や使い古されている場合にはなかなか売れないで困ることが多いのです。

早く売るにはニーズを把握しよう

早く売れるようにするにはニーズを考えて売り方を選ぶのが大切です。

ブランド物のキャリーバッグなら個人に向けて販売してもすぐに買い手が見つかる可能性があります。

しかし、安物の中古品という場合には特別に安くない限りは取引相手が見つかりにくいでしょう。

破格で販売するか、買取ショップに相談するのが早く売るためのコツです。

まとめ

キャリーバッグを売るときには方法を選んだ上で、高く売りたい、早く売りたいといった考え方に応じたコツを押さえて売るのが大切です。

高く売るのと早く売るのは同時に実現するのが難しい場合もあるので、何を優先するかをよく考えてから売り方を選ぶようにしましょう。