MAIHADA

“セラミド”を作り出す!肌細胞を蘇らせると話題の化粧品『MAIHADA』とは?

セラミドを、自身の力で蘇らせると言われている“ライスパワーNo.11”その話題の成分を含んだ化粧品ブランドが『米肌・MAIHADA』肌自らの力を蘇らせると評価のあるブランドなんです。

更新日: 2015年07月11日

Pocket

今回はコーセーのブランド『米肌・MAIHADA』というブランドをご紹介したいと思います。

01

似た成分を使い謳っている「ライスフォース」も有名ですが、米肌に含まれている成分「ライスパワーNo.11」は “セラミド”を自ら作り出す力があるそうです。

「セラミド」は、年齢を重ねると作り出す力さえ低下し年をとるたびにお肌はセラミド不足になり当然見た目は老けた印象になります。

簡単にわかりやすく言えば、乾燥した肌(見た目)=セラミド不足=肌バリアがなくなりニキビやしみシワの原因となるんです。

この米肌はセラミド成分を塗りたくるんではなく肌細胞から肌バリアを蘇らせるのが目的なのでお肌の細胞を若返らせる事ができるかもしれないんです!

 

ライスパワ-No.11 の力

02b

コーセーは、米肌(MAIHADA)と言うブランド名は米のパワーを利用していることを分かりやすく表現するためにつけたそうです。

そんな、米と美容に結びつくのに有名なのは「米ぬか」ですね。

2013y01m10d_223949520

米ぬか洗顔や、米ぬか化粧水など聞きますが、コーセーはそんなお米の持つ美容パワーに注目し『米肌・MAIHADA』を生み出したそうです。

白米を蒸し丁寧に抽出した後、90日間の発酵・熟成とても手間隙かけて作られているのが米肌の美肌パワーの元「ライスパワNo.11 」なんです。

 

セラミドとは?

5

セラミド不足の肌とはどんな肌か?

例えば洗顔をした後にお肌がつっぱる時がありませんか?

あのつっぱった状態は皮脂とセラミドが不足し肌バリアが低下しています。だから、なんとなく急いで化粧水をぬらなきゃ( ̄□ ̄;)!!とあわてたことはありませんか?

そんなとき女性は、皮脂やセラミドのかわりに化粧水やクリーム、パック等をして保湿ケアをして肌バリアを保っているんです。

もしもあのつっぱった状態で保湿ケアをしなければ肌バリアが完全になくなり乾燥し、シワが増え、シミ、ニキビになり肌は老化するばかりなんです。

だから年齢とともに乾燥肌になるのも、お肌がセラミドをつくりだす事ができなくなっているからなんですね。

極端に〝セラミド〟が破壊している状態がアトピー性皮膚炎のように痒み迄伴う位の症状です。

7f4b8695

反対にセラミド不足ではない肌は、赤ちゃんのあのモチモチ・艶々なお肌なんです。

img10

皮膚の一番上は角質層です、角質層の皮脂がは水分の蒸発を防いでくれます。年をとるとお肌の皮脂がなくなってくるのでこの角質層の皮脂が無くなり、そうすると肌の水分が蒸発し、乾燥肌になりセラミドが破壊されセラミド不足になり細菌が侵入しやすくなりお肌の老化、シワ、ニキビの原因といわれています。

セラミド成分配合の、基礎化粧品はよく聞きますが、 「ライスパワーNo.11」の様にセラミドという細胞をうみだす化粧品はあまりありません。

肌細胞を蘇らせ、セラミドをうみだす化粧品なんですね。

 

ライスパワーの力を試すならコレ!

 肌潤改善エッセンス

essence_A001

ライスパワーを高濃度で配合している美容液。セラミドをうみだし 肌を保湿し乾かない肌を作ってくれます。『米肌』人気ナンバーワンの商品のようです!

mai2

化粧水の後手のひらに2プッシュほど取り、顔全体にムラなく伸ばして使うタイプの美容液です。

 

まとめ

調べてみると米肌トライアルセットあり、口コミ評価も高め。

じわじわとライスパワーが効いてきていつの間にか乾燥しないお肌になっていたと言うような口コミが多数ありました。

保湿成分に頼らず、お肌が変に怠けないから根っこからの改善になるようです。

話題の成分でもあるので試してみる価値あり!成功すれば理想のお肌になれますよ♪

アクセスランキング