cup-a017-11

緑茶、麦茶、ウーロン茶。一番身体にいいのは!?効能まとめ

本当に身体にやさしいお茶はどれ!?代表的な3つのお茶を比べてみました。

更新日: 2015年02月24日

Pocket

風邪予防には緑茶、ダイエットにはウーロン茶、栄養があるのは麦茶。いったい何を飲むのが一番いいの!?と混乱しているあなたのために。3種類のお茶の効能をまとめます。

緑茶の効能

cup-a017-11

出典ris-hermit.com

 緑茶の栄養分としてよく聞くのは「カテキン」ですよね。カテキンは老化を防ぐ作用があることで有名です。他にも緑茶には殺菌作用などもあるので、風邪やインフルエンザ予防にも効果があると言われています。また、コーヒーの半分以下ですが、興奮作用や利尿作用のあるカフェインが含まれているので飲みすぎには注意が必要です。

麦茶の効能

ecaf90a4b23ebeb83e048ef91d792752_s-246x200

出典zatugakunoeki.com

 麦茶の効能で第一にでてくるものに、抗酸化作用があります。麦茶は、抗酸化作用によって、ガンや生活習慣病を予防できるという薬のようなありがた~いお茶なのです。また、お茶にしてはめずらしくノンカフェインなので、赤ちゃんや妊婦さんにも安心して飲めるお茶です。ただ、身体を冷やす成分も入っているので、やはり飲みすぎには注意は必要ですね。

ウーロン茶の効能

9aff28f2ad495cba56bb2d9dbb0bced9

出典sonoyama.biz

 ウーロン茶は、カフェインは緑茶とほぼ同じ量、カテキンは緑茶の半分以下。ビタミン、ミネラルはなし。これだけ聞くと、飲みたくなくなりますよね。でもこのウーロン茶、ダイエットには強い味方です。ポリフェノール成分が、脂肪の吸収をおさえたり、脂肪分解を促進します。脂っこい食事のときは、ウーロン茶を一緒に飲みましょう。

まとめ

個人的には麦茶に軍配があがったのですが、いかがでしょうか。夏は麦茶で冬は緑茶という方が多いでしょうが、理由があったのですね。それにしても、なんでもそうですがお茶も一長一短です。日常的には麦茶、冬は緑茶を1日数杯。揚げ物を食べるときはウーロン茶。飲み分けが1番です。他にも、牛蒡茶、そば茶などいろんなお茶があります。それぞれの長所を飲み込んでいきましょう!

アクセスランキング