ba4ccbea5e4c1c63fae6e46a2e435edcd74e09c1

話題の【クラック塗料】でプチDIY♪アンティーク風雑貨に早変わり!

北欧アンティークやシャビーシックな雰囲気が好きな方必見!インテリア雑貨を簡単にアンティーク風に仕上げる「クラック塗料」とは!?

更新日: 2015年05月11日

Pocket

クラック塗料って?

top_allcrackedup

出典:http://www.protoolshop.net/oldvillage/32560.htm

最近インテリアDIY派の間で話題の『クラック塗料』。

塗るだけで、たとえ100均雑貨でも簡単にアンティーク家具のような古びた味わいが出せる塗料です。
100均雑貨やIKEAの塗装されていないナチュラルウッドの家具などをペイントすれば、オリジナルアンティークインテリアになるとインテリアDIY派の間で話題です。

DSC_7776

出典:http://www.camp-outdoor.com/diary/140902_buttermilk_paint.shtml

ホームセンターなどで手に入ります。

塗装表面にひび割れ模様を出す効果を持つ、無色透明の水性塗料です。
まずお好きな色の塗料を塗り、乾かします。その後クラック塗料を塗った後に、仕上げの塗料を塗るとひび割れが生じ、下地の塗料が現れ古びたアンティークのような仕上がりになります。

出典:http://www.axcis.jp/products/detail1794.html

クラック塗料で手軽にDIY

クラック塗料を使った手作りアンティーク風雑貨集めました!

重ねて塗るだけなのに、ヴィンテージのようなひび割れたような素敵な風合いを演出してくれます。

o0300044810601818397

出典:http://ameblo.jp/cloverwreath/entry-10569232374.html

6192474fc58bf36a296689b7b3a74c3ecc90d558

出典:http://roomclip.jp/photo/qDlf

e0272870_12415844

出典:http://marimaman.exblog.jp/20942710/

727c62a80ca1d63b73c85aba4d1da17f452ea4fc

出典:http://roomclip.jp/photo/7KoM

ba4ccbea5e4c1c63fae6e46a2e435edcd74e09c1

出典:http://roomclip.jp/photo/qBuS

o0640048010376138456

出典:http://ameblo.jp/mily-willfulstyle/entry-10434393778.html

72c21046880bc3de1defee9f47c1b7ee10818863

出典:http://www.lifehacker.jp/2010/09/100831vintage.html

IMG_5348_1

出典:http://style.hamazo.tv/c550852.html

クラックペイントのやり方

基本的は下地に好きな色をペイントとした上からクラック塗料を塗るだけです!

7018538c6069e35eb1dd02cccdaf5140_thumb

出典:http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/31893.html

1 なるべくオイル加工などされていない雑貨を用意する

はじめは失敗してもいいように100均のフォトフレームやウッドのBOXなど小さいものが塗り易くて良いです♪

2 好きな水性塗料を塗る(ひび割れたときに見える下地)

イエローやスカイブルー、ペールトーンのグリーンなどがおすすめ!
※このとき、一番上に塗る塗料をアイボリーにするならダークブラウンを、ダークブラウンならアイボリーを重ね塗りしておくといい感じの風合いが出ますよ!

3 乾かす

4 クラック塗料を塗る

塗る量でひび割れの大きさが変わります。

5 完全に乾かす

6 アイボリー(またはダークブラウン)を塗る

徐々に塗った部分がひび割れて下地の色が出てきます。
これだけでも十分アンティーク風になりますが、さらにひと工夫で本格的な仕上がりに!

 7 やすりや石で傷をつける

やすりですったりわざと傷をつけることで自分だけのオリジナルヴィンテージに!

まとめ

「北欧インテリア風」「アンティーク風」なシャビーシックな風合いを出すリメイクテクニックをご紹介しました。

DIY初心者の方は「【完全保存版】100均グッズでおしゃれインテリア♪DIY入門」も参考にしてみてくださいね♪

 

参照:『100円のフォトフレームがアンティーク風に変身!』

参照:『ペンキでエイジング加工に挑戦!』

アクセスランキング