Tired

1日5分でOK!短時間で体の疲れを取る方法

生活の中でさまざまな疲れが溜まっていきますよね。そんな疲れを短時間ですっきりさせる方法をご紹介します!

更新日: 2015年05月24日

Pocket

日々の生活で溜まる疲労感・・・

仕事や家事、育児、勉強など、私たちが疲れを感じる場面はたくさんありますよね。

しかし、ゆっくりと心身を休ませる時間が取れず、疲労感が溜まってしまう場合が多いと思います。

実は疲れは、ちょっとした方法であっという間にすっきりさせることができるんです。

忙しくても短時間で簡単に疲れを取る方法をご紹介します。

軽いストレッチをする

毎日ウォーキングをしたり走る時間を作るのはなかなか難しいですよね。でも軽いストレッチをするだけで、体の疲れを取ることができるんです。

お風呂上がりなど体が温かいうちに、体全体をゆっくりと伸ばしてみましょう。

血行が良くなって筋肉の疲労感も減るだけではなく、体を伸ばすと開放感を感じて精神的にも疲れが取れるんです。

ふくらはぎをマッサージする

立ち仕事などで疲労が溜まりやすいふくらはぎは、実は『第二の心臓』と呼ばれるほど大切な場所なんです。

ここをマッサージすることで、体の代謝もアップして血行も良くなり、足の疲れを取ることができます。

入浴中に軽くもんだり、お風呂上がりにボディークリームを付けて、足首から膝に向かってマッサージをしてみましょう。

目の疲れはホットタオルで解消する

パソコンやスマートフォンの使用で溜まった目の疲れは、ホットタオルを使って解消することができます。

ホットタオルは、電子レンジでも作ることができますが、お湯で温めてつくることもできます。

入浴中にお湯で温めて作ると簡単です。

眉毛マッサージもおすすめ

目の疲れやコリを感じたら、眉毛マッサージをしてみましょう。

眉毛のあたりをもんだり、外側に向かってやさしく押すだけで、目の周りの血行が良くなり、目の疲れを取ることができます。

仕事の休憩時間に軽くマッサージをするだけで疲れを取ることができるのでおすすめです。

心の疲れは、『泣きと笑い』で取れる

体の疲れが取れても、精神的な疲れはなかなか取れませんよね。

しかし実は『笑う』ことと『泣く』ことで心の疲れを取ることができるんです。

涙を流すとストレス発散になる

涙には心の安定を保つ作用もあるんです。

つらいときは我慢せず、思いっきり泣きましょう。

また感動する映画やドラマなどを見て、涙を流すだけでも効果があります。

泣いた後は思いっきり笑おう

ただ泣くだけではなく、思いっきり笑うことも大切です。

お笑い番組や面白い漫画などを見て、思いっきり笑ってみましょう。

また、可愛い動物の動画を見て心を和ませることも効果があります。

おわりに

疲れを溜め続けてしまうと、体の不調や病気に繋がります。

ちょっとした方法で心身の疲れを取り、健康的な生活を送りましょう!

アクセスランキング