カット野菜

無駄なく使える♪節約&時短には『カット野菜』がおすすめ

毎食取り入れたい野菜。色んな種類を買うと結構かかっちゃいますよね。そこで節約や時間短縮に役立つのが「カット野菜」です!上手に使えば頼もしい存在になる事間違いなし♪

更新日: 2015年05月4日

Pocket

カット野菜の節約メリット♪

1353614388_common

出典:http://www.the-seiyu.com/front/commodity/00000000/1353614388/ 

①1袋100円程度で安い!

お店によって異なりますが大手スーパーやコンビニなら、どこでも100円程度あれば買うことができます。

1袋で数種類の野菜がミックスされているので、何種類も買う必要がありません。

野菜炒めをつくるのに、何種類も購入して余らせてしまった…

なんて経験ありませんか?カット野菜ならその心配もなくなりますよ◎

②カットされているので、無駄なく使える!

カット野菜は、その名の通りすでにカットされていますので、

野菜の皮や芯などの生ゴミが出ないのも嬉しいですね。

野菜の使える部分のみなので、無駄なく使うことができます。

③種類が豊富♪

キャベツやレタスなどの単品野菜から、野菜炒め・サラダなどに最適な、数種類の野菜をミックスしたものなど、とにかく種類が豊富にあります◎

サラダ用ひとつとっても、和風やらイタリアンといったテイストに合わせて葉物野菜がブレンドされていたりと何種類も。

ラーメン用にもやし・ニラがミックスされたものや、ニラ・キャベツがみじん切りされた餃子用なんかもあって見ているだけで楽しいです♪

④調理時間が短縮できる

野菜を切る下準備は意外と時間がかかりますよね。

その点カット野菜は、袋から取り出すとすぐに使えるので、調理時間の短縮につながります。

忙しい主婦のみなさんの強い味方であること間違いなしです♪

 

カット野菜の栄養は?

野菜は切り口から栄養が逃げていくとよく耳にします。

工場でカットされてから店頭に並び、各家庭で使うときにはすでに栄養がなくなっているのでは…?と心配になりますよね。

 

野菜に多く含まれるビタミンや食物繊維は、水溶性のものだと、洗ったり熱した際に溶け出してしまう性質があります。

しかし、栄養が多少逃げてしまう事はあっても、全ての栄養がなくなるという事はありません。

丸ごとの野菜を買って切り洗う場合も、カット野菜を使う場合も同じなので心配はしなくても大丈夫そうです◎

 

カット野菜のデメリット

主婦の強い味方ではありますが、デメリットもあります。

知った上で工夫して使いましょう◎

①日持ちが短い

カット野菜の日持ちは2~3日程度です。

カットされている分、断面が空気に触れ悪くなりやすいです。

なので早めに使い切ってしまいましょう♪

②栄養が若干減少する

先にも書きましたが、野菜の栄養すべてを摂取するのは難しくなっています。

心配するほどではありませんが、気になる方もいると思います。

そういう方は摂取する量を増やしたり、他で栄養を補給する事をおすすめします。

 

冷凍カット野菜もおすすめ

4902121099177_PC_L

出典:https://www.topvalu.net/items/detail/4902121099177/

こちらは日持ちもしますし、使いたい時に使えるのが嬉しいです。

お弁当やちょっと野菜が足りないという時にパパッと足せるので、

特売日に買い、冷凍庫にストックしておくと重宝しますよ♪

アクセスランキング