ビール

OLさん必見♡外食続きでも心強い!『居酒屋メニュー』で栄養バランスの良い食事を♪

飲み会が続くと、どうしても高カロリーなものや味付けの濃いものばかりになってしまいがちですよね。お酒もすすみ肝臓にも負担が…なんて事に。けれど、ちょっとしたメニュー選び次第でバランスのとれた食事が可能です◎

更新日: 2015年04月19日

Pocket

栄養バランスの良い食事といえば「一汁三菜」

basic_menu

出典:http://www.fujicco.co.jp/ichijyusansai/

日本に昔から伝わる食文化の一つで、『主食+汁物+主菜+副菜2品』で構成されたものを言います。

ごはんで炭水化物、味噌汁で水分を、

主菜は肉や魚でタンパク質、

副菜は野菜や海藻・豆類で食物繊維やビタミンなどを摂取できます。

焼く、煮る、炒める、蒸すなど、主菜・副菜同士の調理法が被らないように気を付けるのがポイントです◎

毎日毎食このスタイルで食事をとれたら栄養バランスも満点でしょう。

 

社会人は飲み会が続くこともしばしば…

自宅ではできるだけ自炊し、出勤時のランチにはお手製弁当を持参したり…

できるだけ栄養バランスを考えた食生活を送っているけれど、飲み会が続き外食ばかりなると食生活が崩壊している…

という方も少なくないはずです。

筆者自身も大いに身に覚えがあります…。

食生活が乱れると体調にも影響しやすくなりますよね。

 

意識して頼みたい!居酒屋メニュー

居酒屋でバランス良く栄養を摂れる、絶対取り入れたいおすすめメニューを「一汁三菜」に当てはめながらご紹介します♪♪

 

■副菜① <枝豆>or<おつまみキャベツ>

220px-Edamame_by_Zesmerelda_in_Chicago

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9D%E8%B1%86

とりあえず!で頼みたくなる定番メニュー枝豆。

大豆の早熟なもので、豆でもあり緑黄色野菜でもあります。

ビタミンB1・B2や鉄分、食物繊維など豊富に含んでいて栄養価が高いです◎

アルコールを分解し肝機能を助ける「メチオニン」は飲みすぎ&二日酔い防止の効果も!!

必ず頼みたい一品です♪

 

l52

出典:http://www.gyukaku.ne.jp/sp/menu/item/6/52

 ついつい止まらなくなってしまう、おつまみキャベツ。

キャベツはビタミンが豊富です。

中でもビタミンUという珍しい栄養素を含んでいるのが特徴。

ビタミンUは胃を守ってくれる成分なので、飲み会の早い段階でキャベツを摂取すると、アルコールによる胃の荒れを防いでくれます。

肝機能が向上する効果もあるので非常に強い味方です!!

 

■副菜② <冷奴>

220px-Hiyayakko_by_-cipher-

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E5%A5%B4

ヘルシーな食品の代表格とも言える豆腐。
豆腐は大豆でできており、良質なタンパク質の宝庫です。

近年、栄養学など多くの学術分野における研究が進み、非常に良質なたんぱく食品であることが立証され、最近の研究ではガン、高血圧、心臓病、肥満等の予防・抑制にも役立つ機能性食品として注目されています。

出典:http://tofu-as.jp/about/index.html

栄養面も優れていて機能性食品としても、その存在を確固たるものにしているのです。

食欲のない時にも食べやすく、箸休めにもなりますので、副菜として頼もしい一品ではないでしょうか♪

■主菜 <ホッケの開き>

eiyou_img02

出典:http://www.gyoren.or.jp/hokkaidos_fish/hokke/index.html

肉厚でジューシーなホッケの開きって美味しいですよね。

ホッケには不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富です。

これらは中性脂肪を分解したり、血糖値を下げる効果があります。

そして、魚の中でもカルシウムの含有量がトップクラス!

女性に多い骨粗しょう症などの予防に効果があります。

主菜はできるだけ魚をチョイスするのがおすすめです◎

■主食&汁物 <出汁茶漬け>

dashi003

出典:http://www.dashichazuke-en.com/food/

〆は、主食のごはんと汁物が一体となった「出汁茶漬け」がおすすめです。

疲労回復効果がある、クエン酸を含んだ梅干しが乗ったものなら更に体に良い♪

 

バランスを意識して

飲み会は大抵が複数人で行われると思いますので、色々なものを少しずつ食べられるのも魅力ですよね。

一人で何品も頼むのは難しいと思いますので、そこは臨機応変に対応しましょう。

今回おすすめしたメニューを参考に、その中でできるだけ「一汁三菜」を意識するのが大切です♪

アクセスランキング