Room

片付けられない病を治す!インテリアコーディネート基本の『き』

お気に入りの雑誌に載っている憧れの家。新築は予算的に難しくても、室内の模様がえならトライできます。インテリアコーディネートって何からはじめればいいかわからない…そんなあなたにおすすめの記事です。

更新日: 2015年03月2日

Pocket

誰だっておしゃれに暮らしたい

おしゃれなインテリア雑誌やファッション誌をめくっていると、

インテリアが素敵でショップみたいな部屋が載っていて、

ついつい見入ってしまいますよね。

今回は、あなたの部屋を『おしゃれな部屋』に近づける

アドバイスをご紹介します。

 

まずは断捨離!

あれっ?って思いましたか。

なんでインテリアコーディネートの話に断捨離なのか。

 

メイクの話に例えましょう。

寝る前には、メイク落とししますよね。

もちろん、朝起きたあなたのお顔はすっぴんです。

メイクはすっぴんの上にしますよね。

これが、メイクの上にメイク・・・だったらどうでしょうか。

考えただけでも、化粧のりが悪くて難しそうですよね。

 

新しいコーディネートをするためには

前のコーディネートを一度ゼロにすること。

これって、結構難しいんです。

 

料理に例えても良いかもしれません。

和食、例えば肉じゃがを作っている途中で

突然中華風にするのって、難しくありませんか?

 

醤油ベースで味付けしていたのに

突然ごま油や、コチュジャンといった

中華風調味料を使ったら、味のバランスが崩れてしまいます。

もちろんプロの料理人なら美味しく仕上げられるでしょう。

彼らには経験と知識がありますからね。

 

もう一度言います。

 

まずは断捨離、つまり、新しい料理を作るためには

今の料理をゼロにすることが必要なんです。

やりかけの料理に、途中で手を加えてはいけません。

 

インテリアにおいての、ゼロにするということって?

そう、それは「片づけること」。

不要なものを捨てるという作業です。

では、具体的なやり方に進みましょう。

 

ダンボール分別術

まずダンボールを2つ用意します。

それぞれに「①いつか使う」「②使わない」という紙を貼ります。

どちらにも日付を記載しておきましょう。

 

あとはカンタンです。

あなたの身の回りのもので、「いつか使うだろう」と思って

普段は使わないがとっておいてあるものって、ありますよね?

探すと結構出てきます。

 

とりあえず手当たり次第「①いつか使う」ダンボールに入れていきます。

「②使わない」については、使わないけれどもったいないから捨てられない

思い出の品などを入れていきます。

だいたい入れ終わったら、ガムテープをして、押入れなどに入れておきましょう。

 

寝かせる期間は人それぞれですが

大体半年が目安です。

 

半年後、①②ともに、ダンボールが開封されていなければ

中身を見ないで思い切って捨てましょう!

半年使わなければ、それはあなたにとって「必要のないもの」なんですよ。

きっと、ダンボールを捨てることで心が軽くなるはずです。

アクセスランキング