ninnpu

臨月でお腹の張りが頻繁で苦しい・痛みがある時の対処法

放っておくと危険!!覚えておきたい対処法

更新日: 2016年06月11日

Pocket

臨月にお腹の張りはどうして起こるのか

臨月にもなると赤ちゃんもだいぶ大きくなり、 お腹が中から圧迫されるようになります。お腹の張りが頻繁に起こると、

「赤ちゃんは大丈夫なのかしら」

と心配になる人も多いのではないでしょうか?

婦人科の定期健診でも医師から

「お腹の張りはありますか?」

と必ずと言っていいほど聞かれます。それほどお腹の大きなお母さんと赤ちゃんにとって見過ごすことが出来ない 重要な身体のサインなんですね。

臨月になると、子宮が赤ちゃんの出産に向けて準備をはじめて子宮の収縮が始まります。そのため、おなかの張りや痛みなどを頻度に感じるようになります。

妊娠後期は、お腹の張りが一番強く現れます。体が出産に向けて準備を始め、子宮収縮が頻繁に起きるからです。出産が迫ってくると不規則に子宮収縮を起こす「前駆陣痛」が始まるので、それにともなってお腹が張ります。妊娠後期のお腹の張りは出産に向けた準備のことが多いので、安静にしながら心の準備をしておきましょう

出典:http://192abc.com/17169

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s

 

どのような症状か

お腹全体が固くなり苦しくなる

お腹を触ると普段は柔らかく、赤ちゃんを感じられるお腹が

カチコチに固くなります。

お母さん自身も息苦しさを感じます。

 

お腹がひきつるように痛くなる

子宮が掴まれるような、ひきつるような感覚になります。

真っ直ぐに立っていられなくなり、腰を曲げないと苦しい時もあります。

 

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_s

 

頻繁に起こってしまった時の対処法

お腹が張ったらまずは安静に

お家の中で症状が出た場合は、横になって安静にしましょう。 職場や外出時にお腹が張ってしまったときは座って様子を見るようにします。 電車で移動中の場合はいったん下車し、椅子に座って休憩しましょう。 臨月の場合は車などでも移動時間に制限があります。どうしてもと言う時は、医師に相談しましょう。 同じ姿勢を続けるとお腹が張りやすくなりますので注意が必要です。

病院で診察を受ける

安静にしても症状が治まらない、また、頻繁にお腹の張りを感じた場合は必ず産婦人科で受診しましょう。

切迫流産の可能性が高まり、緊急入院などの措置が取られる場合もあります。

 

最後に

臨月のお母さんは精神的にも、身体的にも負担が大きくなりますが、赤ちゃんに会えるまで、あと少しです。頑張りましょう。

いつもと違う症状が現れたら、必ず医師に相談してください。

 

アクセスランキング