肩こり

背中のこりを解消!一人でできる肩甲骨はがしの方法

ひどい肩こりでつらい思いをしている人は多いのでは?デスクワークでは、長時間のパソコン仕事。日常ではスマホの使用など。そんなつらい肩こりを改善する方法があるとしたら?おまけに+αの効果も・・・

更新日: 2016年06月12日

Pocket

背中のこりでお悩みですか?

長年、肩こりや背中のこりで悩んでいる方も多いのでは?

整体に通ったり、定期的に運動をしてほぐすなど、改善方法は様々ありますよね。

でも、「整体は、お金がかかる・・・」「時間もない・・・」「運動は苦手だし、長続きしない」など。どうしたものか・・・

 

「肩甲骨はがし」って?

「肩甲骨はがし」ってご存知ですか?

「肩甲骨をはがすって、何?!」「ちょっと怖い・・・」と思った方もご安心を。

はがすと言っても本当に肩甲骨をはがすわけではなく、肩甲骨の周りの筋肉をはがすイメージでやるストレッチです。

この「肩甲骨はがし」は、整体院でも行われている施術の一つ。そんなストレッチが、自分で出来てしまうんです。

 

「肩甲骨はがし」は、肩こりに良いだけじゃない!

おまけにこの「肩甲骨はがし」は、肩こり改善だけでなく、シェイプアップ効果も期待できるとか。

姿勢を良くすることにより、結果的に体のラインがスッキリ見えるようになるのです。

つらい肩こりが改善されて、おまけにシェイプアップ効果があるかも・・・・なんて聞いたら、早速やってみたくなりませんか?

 

Let’s try!「肩甲骨はがし」

「世界一受けたい授業」で紹介された「自宅で簡単に出来る」方法です。

出典:http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/151017/01.html

 

まずは、肩甲骨チェック!

1

2

①背中を壁につけるようにして立ちます。

②その状態で腕を肩の位置まで真っ直ぐ伸ばし、痛みを感じない範囲までゆっくりと、壁伝いに腕を上げていきます。

③上がった角度により、肩甲骨周りの状態をチェックします。

60度以上・・・肩甲骨周りに問題はありません。

45度~60度・・・肩甲骨周りが少し硬い状態。

0度~45度・・・肩甲骨周りが硬いガチガチ肩甲骨。

 

3

※注意!この時、腕が前に出たり、曲がったりしないように。

 

では、基本編からやってみましょう!

4

5

6

① 肘を曲げ、肩と肘が床と水平になるようにあげます。

② この状態から5秒かけて肘を後ろに引き、脱力させて、腕をおろします。

これを3回繰り返します。

7

ポイント!

肘を後ろに引くとき、肩甲骨を筋肉からはがすかのように、肩甲骨の間をぎゅっと縮めます。この時、肘が下がらないよう意識して下さい。

 

つぎに応用編

①基本編と同じように、肩と肘を水平にあげます。

②肩甲骨を持ち上げ、5秒かけて回しながらおろします。

ポイント!

この時、肩甲骨周りの筋肉をはがすイメージで、上から下に筋肉を絞り込む。これも3回行ってください。

 

他に【雑巾がけストレッチ編】というのもあります。ステップアップして背中のこり解消を目指しましょう!

アクセスランキング