neirukea-300x220

初心者でも簡単♡ネイルアートの道具・やり方〜リペアまで!徹底解説

オシャレ女子のステイタスとも言えるネイル!サロンへ行くと高いし、そんなに頻繁に行けない…でもセルフネイルっていつもガタガタのグチャグチャでみすぼらしくなっちゃう!そんな悩みをサクッと解決してくれる?!セルフネイルのコツを大公開!

更新日: 2015年07月11日

Pocket

◎用意するもの・道具

ネイル道具はたくさんあれど、どれを選んだらいいかイマイチわかりませんよね。綺麗なネイルを施すために用意しておきたい道具は7種類!

◆ファイル(爪やすり)

4513105021529

出典:http://www.chomotto.com/brand_menu/brand_cate373_167.html

ベースとなる自爪の形を整えたり、表面の凹凸を無くしなめらかにするために欠かせない道具。目の粗いものと細かいもの、少なくとも2種類は用意しましょう。

◆ブラシ

NL207

出典:http://www.7esthe.com/categories/index/36700200030000

ブラシなんて、ジェルネイルじゃなければ必要ないでしょ? とお思いの方! 道具ひとつで出来栄えは格段の違いです。ネイルポリッシュに付属のブラシは、毛束が固く形状も丸みを帯びているので塗りづらい上、必要以上の量が取れてしまいヨレの原因となります。

●ラウンドタイプ

gel_brush_1_round_02

出典:http://www.granje.info/products/brush/

ラウンドタイプは爪全体にしっかり塗ることが出来るので、ベースコートやトップコートなどを塗る際に適しています。

●スクエアタイプ

43526_NB-0266P_1

出典:http://www.beautygarage.jp/ws/nail_cmdty/43526/NB-0266P/NB

スクエアタイプはフレンチラインを描く時などに適しています。

●ポイントタイプ

20150319_7babb9

出典:http://nailgarden.ocnk.net/product/1496

いわゆる細筆と呼ばれるブラシです。細かい模様やラインを描くのに適しています。

◆コットン

pdt2896940

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/2896940/top

なるべく毛羽立ちが少なく、表面が滑らかなものを選びましょう。ポリッシュであれば、詰め表面の凹凸をできるだけ無くす為、爪を綺麗に磨いてからベースコートなどを塗り始めますが、その時に残ったわずかな汚れを湿らせたコットンで拭います。その際、毛羽立ちしやすいコットンだと、拭いたはずが余計汚れを残す結果になってしまいます。

◆マスキングテープ

b0137900_13593982

出典:http://kinokodoll.exblog.jp/i15/

マスキングテープがあれば、フレンチやくり抜きネイルがラクラクできちゃいます! なるべく細めのマスキングテープを等間隔に貼って、その上からポリッシュを塗れば綺麗なボーダーやストライプだってお手の物!

◆爪楊枝や竹串

425-e1408967778868

出典:http://mamajob.biz/wp-content/uploads/2014/08/425-e1408967778868.jpg

ドット柄や細かいアートを施す際、細筆ブラシも良いのですが、固くて毛先がブレる心配のない爪楊枝や竹串がオススメです。ちょっとはみ出しちゃった! なんていう時にも、リムーバーを染み込ませたコットンを先端に巻き付けて、チョチョッと拭えば修正できます。

◆ピンセット

pdt2892793

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/2892793/top

ラインストーンやシールなどを貼る際に重宝するのがピンセット! 画像のような先が細い精密ピンセットを用意しましょう。毛抜きのようなタイプだと、思ったところにアートを施しにくい上、せっかく綺麗に塗れたポリッシュを傷つけてしまう恐れがあるので要注意です。

◆甘皮ケア品

2008C7AF12B7EE23C6FC_RIMG0119

出典:http://bokuwaunagida.seesaa.net/article/111609068.html

ついつい省略しがちな甘皮処理。キチンと処理をするのとしないのとでは、出来栄えが変わってきます。持ちが悪くなる原因でもありますので、道具を揃えておきましょう。

◎準備が整ったらネイルアート開始♪

さて、道具が揃ったら早速ネイルアートを楽しみましょう。

とは言え、難しいことはひとつもありません。行程ごとに、注意するポイントとコツを解説していきましょう。

◆自爪ケア

neirukea-300x220

出典:http://magazine.campus-web.jp/archives/184702

●形を整える

爪の形を整える際、ネイルファイルは一定方向に動かすのがポイント。行って戻って…ゴシゴシと動かすのはNG! 爪がガタガタになってしまい、痛む原因に。軽い力で滑らせるように、シュ…シュ…と削りましょう。

●表面を磨く

一見滑らかなように見えても、爪の表面は意外と凸凹しています。ネイルポリッシュが剥がれやすくなる原因のひとつです。表面がツルツルになり、光沢が出るまで磨きましょう。

●甘皮取り

爪の表面や生え際に鎮座する甘皮。忘れてしまいがちですが、しっかり処理しておきましょう。ネイルの仕上がりが綺麗になるだけではなく、乾燥によるささくれなども少なくなります。

◆ベース作り

8a541f20daeca4d17d3e569708fe3fa6

出典:http://www.sleeping-drug.org/blog/twice/?p=774

美しいネイルアートの要! 持ちを良くしたり、ポリッシュの発色が良くなったりします。

爪の変色を防ぐためには、ニトロセルロースフリーのものを選ぶとよいでしょう。また、速乾タイプは待ち時間が少くすむのでオススメです。

●ポイント

コツは、爪のエッジ(ふちのこと)にも塗る。しっかり爪全体に均一に伸ばして塗ること。はみ出したり皮膚についてしまった場合は、必ず拭き取っておきましょう。

◆ポリッシュを塗る

a-4

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/49615/

さて、ベースが終わったら好きなカラーのポリッシュを塗っていきましょう。筆先にたっぷり取ったら、ボトルのふちなどを使って量を調整します。

爪の中央→左→右の順に筆を動かして、なるべく薄めで均一になるよう気をつけながら塗ります。しっかり乾いたら2度塗りと、エッジに塗るのも忘れずに。

●ポイント

忘れてはいけない塗る前のひと手間! 長時間使っていないポリッシュは、成分が沈殿してムラが出来ていることも。手のひらの上でコロコロとボトルを転がして、混ぜましょう。間違っても振ったりしてはいけませんよ!

◆仕上げ

13d8c4a0a4c2a2d6ddba091bf2a30b73

出典:http://www.sleeping-drug.org/blog/twice/?p=1038

最後はトップコートを塗れば完成です。カラーしただけでも十分綺麗だし、必要ないんじゃ? とお思いの方。トップコートを塗ることで、より光沢を出すだけではなくネイルの持ちが変わってきます。面倒くさがらずに塗っておきましょう。

●ポイント

塗り方は今までと同じです。厚さは均一に、中央→左→右の順に塗る。エッジにも忘れずに塗ること。 最近はジェルネイル風にぷっくり厚みが出るものなど様々ありますが、商品によっては数日経つと表面がひび割れしてくるものもあるので要注意。

◎長持ちさせるためには

仕事に家事にと忙しい女性にとって、普段の生活を送っているとネイルが取れてしまってテンションダウン…なんて経験、一度や二度じゃないはず。渾身の出来栄えならば、長く楽しみたいのが心情。ネイルを長持ちさせるコツをお教えいたします。

◆しっかりと乾かす

18_useful_img02

出典:http://www.royalkaila-nailsalon.com/useful/useful14.html

紫外線で硬化するジェルネイルと異なり、ネイルポリッシュはしっかり乾燥するまでには時間がかかります。商品によって差はありますが、1時間以上は必ずかかるもの。

速乾スプレーやオイルを使っても、乾いたように見えるのは表面だけ。なので、乾く時間を考慮してネイルをするようにしましょう。

●ポイント

Polish_Fridge

出典:http://nailheartink.blogspot.jp/2011/02/breaking-news-how-to-store-your-nail.html

少しでも時間を短縮したいなら、『冷やす』と良いでしょう。塗る直前まで冷蔵庫などで温度を下げておくと、乾きが早くなります。

◆こまめなメンテナンス

bF9wCgEWyTFQaIfM

出典:http://trilltrill.jp/fashion/articles/7581

どれだけ綺麗に塗ったつもりでも、日々生活している中でネイルは、剥がれたりしやすいものです。綺麗なまま維持をしたいのであれば、2日おきくらいにトップコートを塗り足しましょう。

◎デザイン別ネイルアートのコツ

さて、ここまで基本となるコツを解説して参りましたが、ここからはオシャレなデザインのアートを上手に施すコツをご紹介していきます。

◆フレンチ

naility77-img

出典:http://nelpara.com/user_data/howto-naility77.php

上品で清楚な印象のフレンチネイルは、オフィスにもデートにも使えるデザイン。爪先だけにカラーを塗るので、指を長く見せる効果もあります。

●コツ

image_2_8146443

出典:http://kawaiku-ikumama.com/archives/5095

 フリーハンドで美しいフレンチラインを描くにはテクニックが必要ですが、マスキングテープなどを使えば。はみ出す心配ありません。万が一、ラインがガタガタになってしまった場合は、ラインストーンやラメでごまかしましょう。

◆グラデーション

original

出典:http://nailistayam.blog10.fc2.com/blog-entry-1585.html

爪の先に向かうにつれ、ほんのりと色濃くなっていくグラデーション。

●コツ

d76ca3c7-s

出典:http://www.stylen.jp/archives/3666493.html

上手なグラデーションを作るコツは、『スポンジ』にあり! グラデーションにしたいカラーをスポンジにつけ、爪にポンポンとのせるだけ。ね、カンタンでしょう? 目の荒いスポンジを使ったり、2色以上使ったり汎用性が高いのもポイントです。

◆ボーダー、ストライプ

19691

出典:http://nlcl.jp

アクティブにもガーリーにもなれるボーダーやストライプ。一見すると難しそうな柄ですが、実は意外とカンタンです。

●コツ

IMG_4399

出典:http://flowernailart888.blog72.fc2.com/blog-entry-637.html

フレンチと同じく、マスキングテープを活用しましょう! 細くカットしたマスキングテープを、等間隔に爪に貼ります。その上から全体にカラーを乗せればボーダーに。向きを変えてストライプも。

normal

出典:http://nailbook.jp/design/detail/532077

ラインテープを使えば、もっとカンタン。

◆くり抜きネイル

o0480048013213401287

出典:http://ameblo.jp/s1zu9/entry-11987829557.html

型で抜いたようなデザインのくり抜きネイル。はみ出さないように綺麗な形を描くのは大変…。でもあるアイテムを使えば、不器用さんでもできちゃいます。

●コツ

o0480048013213401304

出典:http://ameblo.jp/s1zu9/entry-11987829557.html

な、なんと! 100均などでも売っているシールを使えば綺麗な仕上がりに! シールの上から好きなカラーを塗って、乾いたところでシールを剥がすだけ。とってもカンタンですね。

◎もしものときのお手軽リペア

130704_method-of-long-lasting-manicure

出典:http://slism.net/beauty/method-of-long-lasting-manicure.html

「あ、やっちゃった!」なんて時、どうすればよいのでしょうか。乾く前にヨレちゃったり、一部分が欠けてしまったり…。

一番良いのは、落としてやり直すこと。でもそんな時間がない時にはこちらの方法を試してみてはいかがでしょう。

◆リペア① 上からシールを貼る

20120430_2875271

出典:http://blog.usagism.com/?month=201204

ヨレてしまい、どうしても直らない場合には、上からネイルシールを貼ってみてはいかがでしょう。失敗を隠せる上、オシャレ度もアップ!

◆リペア② ラメで隠す

img_3d_08

出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/milkcat/smart/artcatalog/catalog09.html

もしもネイルだけが欠けてしまったとき。同じ色で塗り足してもいいのですが、意外と境目がクッキリ出ちゃって直したのがバレバレ…。だったら、爪先にラメを塗って、境目は愚か欠けたことすら隠してしまいましょう! 表情が違って、また楽しめるので一石二鳥?

◎さいごに

ネイルポリッシュを使ったセルフネイルのコツをご紹介致しましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。この記事を参考にして、素敵なネイルライフを楽しんでいただけると幸いです。

アクセスランキング